夫婦

婚約指輪選びのコツ|長く身につけるリングセレクション

後悔しないために

指輪

婚約指輪をどれにするのか迷うなら、二人で相談して決めておきましょう。それから、実際に見て決めるのではなく、あらかじめ石はどうするのかといったことを決めておけば、お店に行った時にスムーズに決められるのでおすすめです。

詳しく見る

二人で選ぶ納得のリング

カップル

二人で婚約指輪を選ぶことには、相手に本当に喜んでもらえるものを贈れる、相手の気持ちを考える姿勢が好印象を与える、などのメリットあります。また、婚約指輪のオリジナル性を高いものにしてくれる、刻印やオーダーメイドといったサービスが人気です。

詳しく見る

環境や土地柄に合った素材

新郎新婦

油分などが変色の原因

婚約指輪は作りが繊細です。そのため、傷や汚れが付きやすく、特にダイヤモンドなどの宝石をあしらっている場合、汚れによる曇りも発生しやすいため、メンテナンスや修理は重要視すべき事柄です。特に沖縄の場合では、海からの潮風や紫外線などの影響によって、婚約指輪の素材によっては傷や汚れのみならず、変色が起こりやすい場合もあります。沖縄のブライダル専門店でメジャーとなるプラチナ・ゴールドに関しては、強度の高い合金で作られているのが一般的です。しかし、配合の割合によって強度なども異なるので、メリットと注意点を把握しておく必要があります。紫外線量の多い沖縄では、多くの女性が日焼け止めを指先まで塗布するケースがあります。宝石や素材などは化粧品に含まれる油分を苦手とするため、劣化させないためにも注意したい点です。

安価な素材選び

沖縄のブライダル専門店では、金属の配合や特性など様々な素材の婚約指輪をラインナップしており、傷や変色に強い素材が人気を集めています。指輪の硬さや強度はメンテナンスに関与するために重要視したい内容ですが、硬い素材は加工が難しくなりやすく、サイズ直しができないケースも挙げられています。一生ものとして選ぶ指輪でもあるため、メンテナンスのしやすさから選ぶこともジュエリー業界で重要と言われている内容です。例えば、純度の高いプラチナのみならず、ゴールドもプラチナ同様に変色に強い素材です。さらに、高価な素材となるプラチナよりも安価で、沖縄で話題を集めているのがパラジウムで、メッキ加工を施すことなく美しい輝きが持続され、変色することがないのが特徴です。プラチナリングと比較した場合に軽さがあるため、婚約指輪として装飾を施しても装着感が良いメリットが挙げられており、素材選びを工夫することで安価に仕上げることが可能です。

使いやすいデザインを

男性女性

婚約指輪は大きな宝石がついているものが一般的です。しかし指にはめて出掛けたときに衣類に引っ掛かり傷をつけてしまうようなデザインだと、使う頻度が少なくなり、もったいない状態になります。活用しやすいデザインを選びましょう。

詳しく見る