指輪

婚約指輪選びのコツ|長く身につけるリングセレクション

使いやすいデザインを

男性女性

デザインの特徴

婚約指輪の特徴として大粒の宝石がついている点が挙げられるでしょう。ほとんどの人がチョイスする宝石はダイヤモンドではあるものの、使い勝手の良い、品のあるパールや、自分の誕生石をチョイスする人もいます。ゴールドやプラチナの指輪についている、その宝石の存在感は、他のアクセサリーや指輪に比べてゴージャスで、自分の持っているジュエリーの中で婚約指輪が一番高価というケースが多いでしょう。婚約指輪のデザインに大きな決まりはありませんが、幾つかの人気のデザインは存在します。どのデザインに関しても大きな宝石が一つついていて、その周辺に小さな宝石がちりばめられていたり、宝石はひとつだけにして存在感を更に増すようなデザインがあります。

デザインに注意

婚約指輪のデザインとしては大きな宝石が一つついているものが一般的ですが、注意したい点があります。あまりにも大きな宝石だったり、デザインに凹凸がありすぎると、指にはめたときに洋服やバックなどに引っ掛かってしまい、傷つけてしまう恐れがあります。そういうリスクがあると、婚約指輪をはめて出掛けるのが億劫になり、ずっとジュエリーボックスに入れたままになってしまう可能性があります。結婚の約束をしたときに、男性からプレゼントされた特別な思いのこもった婚約指輪ですから、定期的に活躍させたいものです。いつでも指にはめて出掛けるのに躊躇しないようなデザインのものをオーダーして、頻繁に活用することをおすすめします。